家系図に使われる呼び名

家系図作成のために必要な、
親族の呼び名をまとめてみました。


親等…親族関係の親疎を示す等級で、親子関係を1親等と数える。

血族…血縁によってつながる親族関係、人々のこと。

姻族…本人または血族の婚姻によってつながる親族関係、人々のこと。

直系…血筋が親子関係によって直接につながっている系統のこと。

傍系…血筋が、直系から分かれた枝葉の系統のこと。

尊属…親等の上で、基準となる人より先の世代の血族のこと。

卑属…親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族のこと。



父や母は直系尊属、
伯父や叔母は傍系尊属、

子は直系卑属、
甥や姪は傍系卑属と呼びます。


民法で定義される「親族」とは、
血族で6親等以内・姻族で3親等以内の身内です。


例えば、兄弟の配偶者など、
配偶関係が2回となる関係は姻族とは呼びません。


簡単ですが、あなたからみた
血族の呼称(直系)を記載しておきます。


<あなたの両親の祖父母>
高祖父(こうそふ)
高祖母(こうそぼ)

<あなたの祖父母>
祖父
祖母

<あなたの両親>



<あなた自身>
自分

<あなたの子>

息子


<あなたの孫>

孫息子
孫娘

<あなたの子の孫>
曾孫(ひまご)

<あなたの孫の孫>
玄孫(やしゃご)


家系図作成には必要ですので、
不足点はご自分でも調べましょう。


スポンサード リンク